オオムラサキの蛹化シーン

8日のオオムラサキの蛹化シーンです。(クリックしても画像は大きくなりません)

蛹化シーン その1
蛹化シーン その2
蛹化シーン その3
蛹化シーン その4
蛹化シーン その5
蛹化シーン その6
蛹化シーン その7
蛹化シーン その8
蛹化シーン その9
蛹化シーン その10
蛹化シーン その11
蛹化シーン その12
蛹化シーン その13
蛹化シーン その14
蛹化シーン その15
蛹化シーン その16
蛹化シーン その17
蛹化シーン その18
しかし、うまいことお尻を台座に引っ掛けるもんです。 いや~ぁ 感心しました。

↓より多くの昆虫好きの方に閲覧して頂けますようブログランキングに参加しています。
 
↑ もしよろしかったらクリックお願いします。

オオムラサキの前蛹が・・・

昨日の話ですが、3頭居るはずのオオムラサキの幼虫ケースを見ているとどうも1頭見当たらない。
何度見ても2頭しか見当たらないので、ケースを開けて探してみた。
あれ? おかしいなぁ~?
その前の日はちゃんと3頭確認できたのに・・・
そして何気に下の方を見ると落ちた葉のように下に転がっている。

クリックすると拡大画像が見られます

あれれ?
よく見ると既に前蛹になっているようで、もう自力で動けなくなっているようです。
もしかしたら、前蛹になった時に他の幼虫に落とされたんかな?
とにかく救出しないと・・・
しかし前蛹になってしまっているしどうしたものか・・・
アゲハなら三角錐のような形状のものを作り、その上に乗せておくだけでいいようだが、オオムラサキはタテハチョウ科なので蛹は逆さにぶら下がる垂蛹型なのである。
いっそのこと木工用ボンドでくっつけたろかとも思いましたが、体内に浸透したりするだろうし、そもそも垂蛹型のしくみもそういうことで解決できる単純な構造でも無さそうな気がする・・・
困ったのでベテランのKさんに電話して、そういう経験が無いか聞いてみた。
残念ながらそういう経験は無いとのことでしたが、重要なことを教えてもらいました。
垂蛹型の蛹は、脱皮する時に自分で台座にお尻の部分を引っ掛けるらしいのです。
なるほど~  そういうことでしたか・・・
やっぱり単純にボンドでくっつけたらいいというもんでなさそうなので、実践しなくてよかった しかしどうしたものかと思って幼虫を見てたら・・・
おや?
コットンパフのまわりについてた不織布のようなものの上に置いてた幼虫が自分の脚でしがみついています。
おぉ~! これはもしかして望みありか!!

クリックすると拡大画像が見られます

というわけで、そぉ~っとそれを割り箸に巻きつけて徐々に立ててみると・・・
落ちない!!  うまいことこの不織布が台座代わりになるかも・・・
おっしゃ~ これでもしかしたらうまいこといくかも!?
とりあえずそのまま放置で・・・
そして今日、蛹化シーンは残念ながら仕事へ行ってたので見てませんが、無事に蛹へと変態していました。

クリックすると拡大画像が見られます
クリックすると拡大画像が見られます

ちゃんと自分で不織布の部分にお尻を引っ掛けたようです。
とりあえず一安心です。
さてちょっとブログで書いてませんでしたが、先日の土曜は何処へも行かず日曜に少し蝶探索へ出かけましたが、たいした収穫も無く・・・ とりあえず写真は数枚撮りましたが・・・
その模様はまた追々・・・
あとそろそろ探索しないといけないキマルリですが、今年はちょっと急な野暮用があったりで行ける回数が限られるかも・・・
理由はまた後日・・・
とりあえず行ける時はがんばって行ってみよう~
あと今日の夜、上記とは違うオオムラサキの蛹化シーンを見れました。 連続シーンもちょっと撮ったのでこれも追々・・・
とりあえず、これを書いている時点で蛹になったオオムラサキは7頭です。

↓より多くの昆虫好きの方に閲覧して頂けますようブログランキングに参加しています。
 
↑ もしよろしかったらクリックお願いします。

オオムラサキ経過

今日、オオムラサキの幼虫2頭が前蛹になっていました。
そのうちの1頭が何とケースの側面、しかも下の方で前蛹になっていた。
これは困ったなと思い、とりあえず そぉ~っと剥がし、四苦八苦して疑似枝の棒に糸でくくりつけてみた。
これで無事に蛹になってくれればいいんですけどねぇ~

クリックすると拡大画像が見られます
とりあえずこんな感じでくくりつけてみました
クリックすると拡大画像が見られます
こちらはちゃんと葉上で前蛹となっておりました

その他、オオムラサキの幼虫たちの様子です。

クリックすると拡大画像が見られます
クリックすると拡大画像が見られます
クリックすると拡大画像が見られます

とりあえず今のところ緑化した幼虫たち12頭は順調に行っています。
1頭すでに蛹になったものも、今のところいい色してるし大丈夫かなと思われます。
とにかく無事に羽化して欲しい・・・ あと先日羽化したオオトラフコガネの♀です。

クリックすると拡大画像が見られます

羽も固まって色も落ち着いてきました。
そういえば・・・ 今年は夜間のクワガタ採集の誘いはおまへん・・・ しかし6月だというのに夜は気温が低いですなぁ~

↓より多くの昆虫好きの方に閲覧して頂けますようブログランキングに参加しています。
 
↑ もしよろしかったらクリックお願いします。

オオムラサキの蛹

28日に蛹化したオオムラサキですが、外観は今のところ大丈夫っぽいです。
ちょっと小ぶりでですが・・・
とにかく無事に羽化しておくれやっしゃ~。
ところで・・・
今日見たところでは、あとの11頭の幼虫はまだ蛹化の気配が無いです・・・

クリックすると拡大画像が見られます

↓より多くの昆虫好きの方に閲覧して頂けますようブログランキングに参加しています。
 
↑ もしよろしかったらクリックお願いします。

オオムラサキとコガネムシの途中経過

今日の夜、オオムラサキの幼虫の様子を見ていると一頭前蛹になっているものがいた。
はやっ!
これ以外の幼虫はまだそんな様子も無さそう!?なんですが・・・
それにまだまだ小さい幼虫もおりますし・・・
とにかく前蛹になったので、無事蛹となって羽化してほしいと願うのみです。
昨年、一昨年と蛹以後、失敗しているのでこれからの管理を注意しなければいけないけど、コイツもし無事に羽化しても小さな成虫になってしまうのかなぁ~
まあ小さくとも成虫までとにかく無事であってほしいですが・・・

クリックすると拡大画像が見られます

それから、先日長野県でのルリクワ採集の時にオマケ採集したコガネムシ幼虫ですが、そのうち一頭が蛹になったことは以前このブログで書きましたが、今日見るとだいぶ色づいてきていますので、そろそろ羽化も近いのかと・・・
さて、何に化けるかなぁ~? やっぱりオオトラフかな?
しつこいようですが、ジュウシチホシに化けたら嬉しいんですが・・・

クリックすると拡大画像が見られます

あとコガネムシの幼虫もう一頭も前蛹になっておりました。
コイツも前述のコガネムシと同じ材から採れたので、もう少しで正体がわかるでしょう~

クリックすると拡大画像が見られます

↓より多くの昆虫好きの方に閲覧して頂けますようブログランキングに参加しています。
 
↑ もしよろしかったらクリックお願いします。