ギンヤンマがいっぱい

3年ほど前に地図を見ていて、ここにはセスジイトトンボがいるんじゃなかろうかと思っていた場所があります。

その時行こうと思いつつ、いまだ行けてなかったんですが、Insect1950さんの情報ではやはりその場所に実際にいてるようでして・・・

そればかりか、思いもかけない【あるトンボ】もいるということです。



実はその【あるトンボ】は前からずーっと探していて、今年他府県に探索に行こうと思ってたほどのヤツなのです。

「私にとっては」ですけどねw

ただそのトンボ、もう今年は少し時期が遅いのですよ・・・



まあ時期は遅いかもなんですが、とりあえず下見を兼ねて様子を見に行ってみようということで、8月23日(日)に嫁さんを誘って出かけて来ました。

そっちはいなくてもセスジイトトンボはいるかもしれないですしね。


現地に着くといきなりナガサキアゲハのメスが優雅に行ったり来たりのお出迎え。

写真は撮れませんでしたが・・・w


というわけで、しばし探索をば。

そこで目に入ってきたのがギンヤンマ。

あちらこちらで飛んでおりました。

そんな中、目の前の木に一瞬とまってくれたので、それをパチリンコ。



ギンヤンマ オス

ギンヤンマ オス

Canon EOS 7D Mark II + EF100mm f/2.8L Macro IS USM + 430EX III-RT
2020年8月23日 京都市伏見区にて撮影



ギンヤンマ オス&メス

ギンヤンマ オス&メス

Canon EOS 7D Mark II + EF100mm f/2.8L Macro IS USM + 430EX III-RT
2020年8月23日 京都市伏見区にて撮影



交尾体でもないのに木にとまってモデルになってくれたのはラッキーでした。

ま、すぐに飛んで行ってしまいましたけどね。

あ、そういえば前にも目の前にとまったことあったっけかな・・・

この日、たくさん見かけたトンボと言えばシオカラトンボ、ハグロトンボ(いずれもこの日は未撮影)とこのギンヤンマやったかな。

交尾体もいくつか見られましたが、上記のように距離があって写真はイマイチなかんじ・・・でした(汗)



↓より多くの昆虫好きの方に閲覧して頂けますようブログランキングに参加しています。
 
↑ もしよろしかったらクリックお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA