モウセンゴケ

あ~ とうとう7月になってしまった。

まだ6月のネタが続きますが、ご了承を・・・


さて前回の記事の続きです。

モートンのポイントから場所を移し、ミドリシジミのいるポイントへ行ってみました。

けど・・・

どういうわけか、そのミドリシジミの姿は見られません。

ちょっと早かったか? 或いは数が減ったか?

仕方が無いので、辺りを散策・・・

すると小さな湿地にモウセンゴケが生えていました。



モウセンゴケ

モウセンゴケ

Canon EOS 7D Mark II + EF100mm f/2.8L Macro IS USM + MT-24EX
2016年6月4日 京都府相楽郡南山城村にて撮影



モウセンゴケ

モウセンゴケ

Canon EOS 7D Mark II + EF100mm f/2.8L Macro IS USM + MT-24EX
2016年6月4日 京都府相楽郡南山城村にて撮影



モウセンゴケ

モウセンゴケ
こんな環境に自生している

Canon EOS 7D Mark II + EF100mm f/2.8L Macro IS USM + MT-24EX
2016年6月4日 京都府相楽郡南山城村にて撮影



モウセンゴケは食虫植物なのですが、その姿はよく見ると綺麗で芸術的でさえあります。

こういったモウセンゴケが生えるような環境って、本当にいいですよね~♪

京都市内には、こういった環境の湿地が殆どないので・・・

しかし・・・

この近くの結構な範囲が、間もなくメガソーラーの建設によって消えてしまうのが非常に残念です。



↓より多くの昆虫好きの方に閲覧して頂けますようブログランキングに参加しています。
 
↑ もしよろしかったらクリックお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA