皮肉なことに

アカシジミもそうなのですが、ウラナミアカシジミは静止する時に翅を閉じてとまり、なかなか開いてくれないんですよね~

まあチラリズムくらいはあるでしょうけど・・・

なので写真に撮ると、お決まりのポーズばっかりになってしまいがちですよね。

もし翅表を写したかったら、飛翔写真を狙うとか・・・

でもそれは難易度が高いしな~

ん? 標本の写真はまた別でっせ。


そんなウラナミアカシジミですが・・・

先日、ここのポイントに着くなり見つけたんですが、この日はなかなか見つかりませんでした。

「もう今日は見れへんのかな~」

と、あきらめかけたその時、ついに現れました!

ですが・・・!?



ウラナミアカシジミ

ウラナミアカシジミ

Canon EOS 7D Mark II + EF300mm f/4L IS USM + 1.4x + MT-24EX
2015年6月7日 京都府長岡京市にて撮影



見ての通り、もうボロボロ。

残念じゃ・・・

でも皮肉なことに、そのおかげで普段なかなか開いてくれない翅表があらわになっております。

こんなパターンでしか、翅表を撮れないのもなぁ・・・



↓より多くの昆虫好きの方に閲覧して頂けますようブログランキングに参加しています。
 
↑ もしよろしかったらクリックお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA